ショップ

この記事は約2分で読めます。

実際にお聞きいただけるレコードなどを販売しています。
なにせ古いものですから、品質などは経時変化でかなりもろくなっているものもございます。
そのあたりは、工業製品のレコードと考えずに、骨董品とご理解いただき、悠久の歴史の果から流れる時代の断片を感じていただければ嬉しいです。

※以下の商品は現在ショッピングカートや、お支払い方法の設定中のため、本ページでのお買い上げはできません。ご希望の方は、恐れ入りますが074-263-1361運営会社(合同会社アイデアマンユニオン)までお問い合わせください。2020年10月オープン予定です。

特定商取引法に基づく表示

勇者ノリク
勇者ノリク

近日中にお譲りできるSP盤の掲載を行いますが、すべての写真撮影などはなかなかできません。ですから写真がどうしてもご覧になりた方は、タイトル名などを明記の上、お問い合わせください。
写真追加を優先的に行います。
また、お届けできるSP盤は、オークションサイトで表示されるS A B C Dクラスのうち、Bクラスを予定しています。中にはまれにデッドストックで入手できたSやAクラスもありますが、それは注文された方のラッキーということでお願いします。

レコードの洗浄についてもう少し詳しく教えて下さい

勇者ノリク
勇者ノリク

自分自身のコレクションを始めた当時、購入したSP盤は汚れまくっておりました。蓄音機では針圧が大きいのでそれでも聞けるのですが、電気式で聞くと、レコードの溝汚れやホコリが多くて、聞く以前にカートリッジが吹っ飛んでしまうのです。一度はカートリッジの針そのものが吹っ飛んでしまうほどの大事故も(未だに飛んでいったサファイヤ針は見つかりません)
そこでいろいろな清掃や医療部材などの見本市に出向き、更には合繊メーカーなどに問い合わせて、0.045mmの合成繊維で作られたブラシを使用して洗浄することにしました。

さらに、洗剤については当初は純水で洗ったのですが、枚数が増えるとコストが馬鹿高くて。そのため現在では国内と、海外のアルコールや界面活性剤の含まれていない洗剤で洗うようにしています。
ショップで無地のクラフト紙フリー部に入っているレコード盤は全てこの方法で洗浄し、1日かけて自然乾燥させたものです。
クラフトは特圧のものを用いて、自作したものです。接着糊も中性のりや、PVのりを使用し、経時変化対応に気を配っています。

タイトルとURLをコピーしました